Course

アニマルコミュニケーション習得講座受講者様の声

講座を受講された皆さまからの嬉しい喜びの声をご紹介します

アニマルコミュニケーション習得講座を受講された皆さまから、「愛犬との絆が深まった」「騒いでいる愛犬の気持ちが分かった」など、嬉しいお声をたくさんいただいています。ぜひ、ご覧ください。
  • 受講者①
    犬(あんどれくん・おすかるくん・ふぇるぜんくん)の飼い主Yさん
    私は、主人と3頭の愛犬たちと暮らしていているのですが、元々犬がちょっと怖いと思っているところがあって、主人が留守にしている時、みんなが大騒ぎを始めて、どうしたらいいか分からなくなってしまうことがあったので、うちの仔たちの気持ちを聞いてみたいと思っていたんです。    アニマルコミュニケーションは以前から興味があったけど、私には無理だと思っていました。でも講座を受講して、コミュニケーションがどんなものかが分かって、うちの仔たちにたくさん話しかけるようになりました。想うことも増えたし、留守中も声をかけていると、とても近くに感じるられるんです。今までよりも、うちの仔たちと話したい、わかり合いたいと思うようになりました。   コミュニケーションをやってみて、特に嬉しかったことは、4年前に天使になった仔の気持ちを感じられたことです。私たちが留守中に亡くなっていて、「どうして帰るまで待っていてくれなかったんだろう」「苦しんだんじゃないか」という心残りや後悔を、ずっと抱え込んでいました。でも、苦しくなかったことや、今どんな気持ちでいるのかを自分で聞くこと、感じることが出来て、本当に心が軽くなりました。ペットロスで辛い思いをされている方に、是非体験して欲しいです。   私がコミュニケーションを知って、こんなに楽しいのだから、みんなができるようになったら、すごく幸せだと思います!
  • image (3)
    犬(宙太くん)の飼い主 Nさん
    うちの仔が今こんな風に思ってるだろうなということは、日頃生活の中でなんとなくわかる気がしていましたが、もっとわかるようになりたかったですし、コミュニケーションが取れるようになれたらいいなと思っていました。   アニマルコミュニケーションについては、以前アニマルコミュニケーターの方にお願いしたことがあったのですが、なんだかスピリチュアル的な要素満載で、しかもその時に普段あまり吠えない宙太がワンワン吠え出したこともあって、あまりいい印象を持っていないというのが正直なところでした。   本当に自分でコミュニケーションが出来るようになるのか半信半疑でしたが、興味があったので、お茶会に参加してみることにしました。最初にコミュニケーションについて「特別な能力ではなく、脳を使う」と聞いて、とても納得出来て、気持ちも切り替えられたのですが、はっきりと感覚が掴めなかったので、講座を受講することにしました。   講座を受けて、コミュニケーションが取れるようになりました!感覚が掴めた上に、自分の脳(思考)のクセまで発見出来ました。まだ言語化が上手く出来ない感じですが、コミュニケーションを続けて、慣れていこうと思います。   これからうちの仔とより親密な関係を築いていきたいですし、問題行動などで悩んでいるパパさんママさんのお役に立てたらいいなと思っています。なによりも動物たちのストレスを軽減してあげたい。   私はペットイベントに関わっているので、将来的にMCだけでなく、トータルでペットのことを語れるようになりたいです。ペット業界の多動力MCを目指します!
  • image (2)
    犬(ロッテちゃん・ルークくん)の飼い主 Kさん
    以前からアニマルコミュニケーションに興味があって、動物には言葉ではないコミュニケーションツールがあるんだろうなと思っていました。   うちはキャバリアの女の子と男の子がいて、上の仔はのんびりした穏やかな女の子、下の仔は天真爛漫な男の子。下の仔が特に音に敏感で、色んなことが気になって仕方がないみたいなので、何がそんなに気になるのか聞いて見たかったんです。普段からよく話しかけているのですが、一方通行な感じがしていたんですよね。この仔たちの気持ちは何となくわかる気はするものの、私が聞きたいことはわからない。聞いてもらうより、自分で聞けるようになりたかったので、まずは【ペットの気持ちがわかる】お茶会に参加しました。   お茶会で実際に体感した時、「これ?!」って思いました。以前から知っている感覚でしたが、この感覚でコミュニケーションすることがびっくりでした。もっと明確に掴みたいと思ったので、すぐに講座を受けることを決めました。   講座を受けて、一方通行ではないコミュニケーションがわかりました。お姉ちゃんのロッテは、とてもおしゃべりが好きで、自分からコミュニケーションしてくるようになったんです!これは本当に面白い。弟のルークは、耳が良過ぎて音に敏感な体質だということがわかったので、それを理解してあげてから、反応が変わってきました。ワンワンするのに、口数が少ないのが意外でしたね。カーミングシグナルと合わせてコミュニケーションを活用すると楽しさが倍増です!   この感覚に気づいてから、私の中でいろんなものが繋がった感じがしています。今は、うちの仔はもちろん、他の仔たちともコミュニケーションして、しつけやオーナーさんの気持ちを楽にしてあげたいと思うようになりました。もっと続けて、いつでも動物とコミュニケーションが取れるようになりたいです!
< 12 >

ペットとのコミュニケーションにお困りの方は、豊富な実績を持つ神奈川のアニマルコミュニケーションサロンへお越しください。25年間ペット業界に携わってきた経験のあるアニマルコミュニケーターが、飼い主様とペットの意思疎通を丁寧にサポートしていきます。ペットがどのようなことを考えているのかを理解することができれば、さらにペットの気持ちに寄り添ったお世話を行うことも可能です。飼い主様とペットの間にさらに深い絆が生まれるでしょう。

ペットの気持ちを理解することは難しいと思われているかもしれませんが、実際は誰にでもできるスキルの一つです。初めは先入観や不安感などが邪魔をしてしまいますが、実力のあるコミュニケーターが飼い主様の気持ちに沿って丁寧にサポートしておりますので安心してご受講いただけます。

「ペットともっと気持ちを通じ合いたい」とお考えの方は、一度お気軽にご連絡ください。遠方の方も大歓迎です。