【犬のしつけ】吠える理由と吠え癖をなくす方法は?

アニマルコミュニケーションの相談 | MOCO MOON

【犬のしつけ】吠える理由と吠え癖をなくす方法は?
アニマルコミュニケーションの相談 | MOCO MOON

犬のしつけにおいて「吠えることが多い」「無駄吠えがなくならない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?無駄吠えは家庭だけでなくご近所にも大きなストレスを与えてしまうため、多くの飼い主さんが抱える悩みです。犬がなぜ吠えるのか、無駄吠えをする理由や吠え癖を無くすために心がけたいポイントをお伝えします。MOCO MOONでは、犬のしつけやペットとのコミュニケーションに関するご相談をお受けしています。新しい家族として犬や猫を迎えると、生活に大きな変化が起こります。

そんな時にもきちんと対処できるよう、犬を迎える際に気をつけたいポイントをご紹介いたします。

犬が吠える理由

犬の吠え方には4つの要素があり、目的や気持ちによって吠え方を変化させています。この4つを読み取ることで、犬が吠える理由が見えてくるはずです。それにより犬のしつけもストレスを与えない方法で行うことができ、お互いの信頼関係をより深く築けるようになります。犬のしつけについてもっと知りたい、コミュニケーションを取りたいとお考えでしたらこちらのページをご覧ください

■声の高さ
高い声で吠える場合は、恐怖を感じているときの警戒を意味します。逆に低い声で吠えるときは強さをアピールしています。

■声の大きさ

犬の気持ちは声の大きさにも表れています。大きい声で吠えるのは、犬が強い気持ちを伝えたいときです。

■吠える速さ

吠える速さは興奮状態を表しています。速いテンポで吠える場合は興奮しており、ゆっくり吠える場合は比較的落ちついた状態です。

■吠える間隔
吠える間隔が短い場合は興奮状態にあり、間隔が長い場合は相手の様子をうかがっている場合や寂しいときです。
image-26

犬の無駄吠えとは?

そもそも「吠える」というのは犬にとって正常な行動であり、犬を全く吠えさせないようにすることは困難です。しかしながら周囲の人間が耐えられないほど犬が吠えてしまうことがあり、その吠え声が一般的に「無駄吠え」と呼ばれます。犬が吠える目的は次のように様々です。

■何かを要求している
いわゆる「要求吠え」です。食べ物が欲しい、遊んで欲しい、トイレがしたいなど、何かを要求するときに比較的高めの声で吠えます。

■寂しい・不安
犬が飼い主さんと離れた際に吠え続けるなど、不安や寂しさを表現する目的で吠えます。

■警戒している
散歩中に出会う人や犬、来客に対して警戒や縄張りを意識して吠えます。例えば、訪問客に吠える場合、犬としては飼い主さんに不審者が来たことを知らせ、テリトリーへの侵入を阻止するという目的があって吠えているのです。

■興奮している
散歩や遊びの最中に吠えるのは、嬉しいときや興奮しているときです。挨拶や遊びの意味で吠えることもあります。

■体の不調を訴えている
注意して確認したいのが体の不調を訴えている場合です。怪我や病気などが原因で「体が痛い」「苦しい」と感じており、吠えることで飼い主さんに不調を伝えているかもしれません。また、高齢になると認知症による症状で吠えることもあります。言葉を話せない犬にとって、身体的な問題は大きな不安を感じるものです。吠えに対する犬のしつけを行う前によく確認し、体調不良の可能性があるなら早めに動物病院へ相談しましょう。そのときの状況や犬種、その犬の性格によって吠える理由は様々ですが、犬が吠えるのには必ず理由があり、実は無駄吠えというものはありません。犬のしつけでペットの気持ちが知りたい方は、MOCO MOONにご相談ください。アニマルコミュニケーションの方法をお伝えします。
しつけについて学んでおく

吠え癖をつけないためにはどうすれば良い?

吠える理由があると理解しつつも、吠え癖をつけないためのしつけは行いたいものです。それでは、どのように対処したら良いのでしょうか。

■吠える行為に対して叱らない
吠え癖をつけないためには、まず飼い主さんが吠えることに対して懸念を示したり、「吠える」という行為に対してのみを叱ったりしないことが大切です。一概に「吠える」ことに対してではなく、なぜ吠えているのかをわかってあげようとする気持ちが大切です。それによって犬は安心し、吠えることが少なくなります。

■外部の刺激を多くする
他の犬や人、物音などの様々な刺激によって、犬の吠えるスイッチが入ります。子犬の時期から他の犬や人との触れ合い、様々な刺激に慣れさせ、吠えないようにしつけを受けた犬は吠えるスイッチが入りにくくなります。

■吠えても良いことは起きないことを学ばせる
犬が興奮すると、つい抱き上げたり撫でたりして落ち着かせようとしがちですが、吠えることで褒められたと勘違いすることがあります。吠えても褒めてくれない、吠えてもいいことが起きないことを学習させれば、犬が吠える行動は減っていきます。
23977120458_b28804afee_b

犬のしつけのご相談はMOCO MOONへ!アニマルコミュニケーションでペットの気持ちがわかる

犬の吠え方や吠える目的に注目すると、犬がなぜ吠えるのかが見えてきます。犬のしつけでは吠える犬をただ叱るのではなく、犬の気持ちや理由をきちんと理解した上でしつけを行いましょう。犬のしつけでお悩みの方は、アニマルコミュニケーションのセミナーを実施するMOCO MOONにご相談ください。アニマルコミュニケーターの資格を持つ薦田 由美子が、愛犬とのコミュニケーションの取り方をお伝えします。アニマルコミュニケーションは特別な能力ではなく、コツがわかれば誰でもできるようになります。セミナーはもちろん対面でのご相談も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

初めて犬を迎える時に気をつけたいポイント!

アニマルコミュニケーターの講座を受講するならMOCO MOONへ

会社名 合同会社MOCO MOON
業務執行・代表社員 薦田由美子
住所(本社) 〒107-0061 東京都港区北青山3丁目5−14 7F
住所(MOCO MOONサロン) 〒259-0111 神奈川県中郡大磯町国府本郷317−1 パシフィック大磯102号室
設立 2018年5月22日
メールアドレス comoda@pet-is-happy.com
電話番号 080-5469-3028
URL