【犬のしつけ】吠える犬の気持ちは?

シーン別無駄吠えのしつけ・予防方法 アニマルコミュニケーション・ヒーリングなら | MOCO MOON

【犬のしつけ】吠える犬の気持ちは?シーン別無駄吠えのしつけ・予防方法
アニマルコミュニケーション・ヒーリングなら MOCO MOON

犬のしつけにおいて、吠えるペットの気持ちがわからずに悩んでいる方も多いでしょう。吠えるという行動に対して叱る飼い主さんは多いですが、犬が吠えるのには必ず理由があります。「他の犬や人に対して吠える場合」「インターホンに対して吠える場合」「飼い主の注意を引くために吠える場合」のシーン別に、犬が吠える理由と対策をご紹介します。MOCO MOONでは、犬のしつけに役立つアニマルコミュニケーション・ヒーリングをご提案しています。新しい家族として犬や猫を迎えると、生活に大きな変化が起こります。

そんな時にもきちんと対処できるよう、犬を迎える際に気をつけたいポイントをご紹介いたします。

他の犬や人に対して吠える場合

■人に吠える
来客や宅急便、散歩中に出会う人などに吠える場合です。この場合は犬とコミュニケーションを取り、なぜ吠えるのかを考えることから始めます。性格や犬種に応じて、その仔に合ったしつけ方法を考えていくことが大切です。吠えるという行動に対して、飼い主さんはなぜ吠えるのかわからないことが多いのですが、犬は飼い主さんに何かを伝えたくて吠えます。飼い主さんがこの伝えたいという気持ちに気づかず、吠えることに対してのみ叱るのはNGです。何を伝えたいのかを理解してあげようとする姿勢を持ち、実際に理解してあげると吠えなくなったという例もあります。

■他の犬に吠える
散歩中に出会った犬などに吠えるのは、相手の仔に対する表現方法の一種です。ただ怖がっている場合や、一緒に遊びたがっている場合など様々です。挨拶や遊びたくて吠える場合は、他の犬しか目に入らなくなってしまう傾向があります。その仔が好きなおやつやおもちゃを使って、上手にすれ違うことができるように誘導してあげましょう。怖がって吠えるタイプは、まず他の犬と安心できる距離を保ち、吠えずに過ごせたときにはおやつなどを与えて褒めてあげるのがおすすめです。ペットの気持ちをより理解したい方はMOCO MOONへご相談ください。アニマルコミュニケーションの方法をお伝えします。

image-28

インターホンに対して吠える場合

インターホンが鳴ると興奮して吠え続ける犬は非常に多いです。このような場合は、主に下記の2つのパターンが考えられます。

■1.その仔自身が怖がっている。
飼い主さんに誰かが来たことを知らせていることが多く、誰が来たのかわからないなどと恐怖心を抱いているケースです。また、飼い主さん自身がそもそも吠えてしまうことへの懸念を示したり、嫌だと思ってしまうことに対する恐怖心の可能性もあります。

■2.飼い主が怖がっていて守ろうとしている
飼い主さんがインターホンにドキドキしてしまうと、一緒に共感して怖がってしまいます。自宅に入り込む人間を侵入者と考え、飼い主さんを守ろうとして吠えるパターンです。

■しつけのポイント
インターホンが鳴って吠えるのは、飼い主さんに「誰かが来たよ」と知らせていることが多いです。「わかったよ、もういいよ大丈夫だよ、ありがとう」などと伝えてあげることで、犬は自分の伝えたいことが飼い主さんに伝わり、満足して吠えなくなることがあります。すぐにやめるかどうかは犬によって様々ですが、大事なことですので続けてください。大切なのは、吠えが習慣化するのを防ぐことです。例えばインターホンを鳴らすたびにおやつを与え、「吠えるよりも飼い主の側に行けばおやつがもらえる」と学習させます。来客の予定があるときは事前に家の外で待ち合わせたり、携帯電話で連絡を取るなどしてインターホンが鳴る回数を減らせば、自然と吠える習慣も減っていくでしょう。
しつけについて学んでおく

飼い主の注意を引くために吠える場合

飼い主の注意を引くために吠える理由は、一緒にいて欲しい、かまって欲しいという気持ちの表れです。犬には物理的に一緒にいて欲しいというのはもちろん、飼い主に自分を見てて欲しいという欲求があります。過去の例では、散歩に行くことが好きだったのに嫌いになったという仔がいました。犬にとっては、散歩に行っても飼い主さんが見てくれていないから家にいたいという気持ちになり、散歩が嫌いになってしまったという内容です。犬は散歩が好きなのは前提として、飼い主と一緒に散歩に行くことが好きなので、飼い主が散歩を義務だと思ってしまったり、いつも同じルートをただ回ったりするだけでは、つまらないと感じてしまうことがあります。ほんの少しでもその仔に気持ちを向けて、一緒に散歩を楽しむ時間を作ってあげることが大切です。しつけは、犬が人間社会の中で生活していくために必要なことです。飼い始めてからしつけを学び始めるのではなく、前もってきちんと調べて準備しておきましょう。初めて犬を飼う場合は、しつけ教室やドッグスクールなどに通うのも一つの手段です。

きちんとしつけができていないと、家庭内で問題行動を起こす可能性があるだけでなく、散歩中に他の犬とのトラブルの原因になる可能性もあるため、しっかりと責任を持ってしつけを行いましょう。

ec60327e6ca61ade13a416e0d033e7dc_s

犬のしつけでお困りならMOCO MOONへ!ペットの気持ちがわかるアニマルコミュニケーション・ヒーリング

犬のしつけでお困りならMOCO MOONへご相談ください。ペットの気持ちがわかるアニマルコミュニケーション・ヒーリングをご提案しています。犬のしつけで言葉を使わなくても犬とコミュニケーションをとる方法はあり、コツをつかめば誰でも習得できます。講座・個人セッションを行っていますので、「うちの仔の気持ちを知りたい」「初めて迎える犬のしつけが不安」「ペットとのコミュニケーションを体験したい」とお考えでしたらぜひご相談ください。アニマルコミュニケーション・ヒーリングに興味はあるが場所が遠いという方は、LINE・Facebook・Skype・Zoomを使ってご参加いただくことも可能です。お気軽にお問い合わせください。
AdobeStock_162822824

初めて犬を迎える時に気をつけたいポイント!

アニマルコミュニケーターの講座を受講するならMOCO MOONへ

会社名 合同会社MOCO MOON
業務執行・代表社員 薦田由美子
住所(本社) 〒107-0061 東京都港区北青山3丁目5−14 7F
住所(MOCO MOONサロン) 〒259-0111 神奈川県中郡大磯町国府本郷317−1 パシフィック大磯102号室
設立 2018年5月22日
メールアドレス comoda@pet-is-happy.com
電話番号 080-5469-3028
URL