アニマルコミュニケーション講座

で犬が寂しがっているサインを見逃さない!

こんな行動に要注意!犬が寂しがっている3つのサイン
アニマルコミュニケーション講座で犬の気持ちを知ろう!

人間と同じように、犬も「寂しい」と感じる時があります。そんな犬の気持ちを行動から読み取ることで、より強い信頼関係を築くことができます。アニマルコミュニケーション講座を受講するなら、東京都港区に本社、神奈川県中郡大磯町にサロンを構えるMOCO MOONをお選びください。新しい家族として犬や猫を迎えると、生活に大きな変化が起こります。

そんな時にもきちんと対処できるよう、犬を迎える際に気をつけたいポイントをご紹介いたします。

体を伏せて上目遣いで見る

一番わかりやすい仕草は、体を伏せて上目遣いで飼い主さんを見る仕草です。日常的によく見かけるかわいい表情の裏では寂しい気持ちがありつつ、邪魔したらよくない、という自制の気持ちを持ちながら飼い主さんの様子を伺っているのです。「甘えたい」「構ってほしい」と思っていると考えられるため、飼い主さんの方から声をかけてあげると喜びます。実は、上目遣いには寂しさ以外にもいろいろな理由があります。「散歩に行きたい」とおねだりしたい時や緊張している時、さらには何となく見ているだけの時も。アニマルコミュニケーション講座で身に付けたスキルで上目遣いの意味を読み取ると、状況に合った対応がしやすくなります。アニマルコミュニケーション講座や犬の気持ちなどをもっと知りたいとお考えの方はこちらをご覧ください。

image-20

前足を舐める

前足を舐める仕草はお手入れにも見えますが、実は寂しさを紛らわせる行為です。飼い主さんとのコミュニケーションが不足し、ストレスが溜まっている可能性があります。アニマルコミュニケーション講座で学んだアニマルコミュニケーションを通して、寂しさなどの不安を解消することが大切です。普段からあまり飼い主さんに構ってもらえていない子より、飼い主さんとの距離が近くたくさん構ってもらっている子に多く、分離不安症になっていることも少なくありません。舐め続けることにより皮膚炎になってしまう恐れもありますので、繰り返しこの仕草をしている場合は獣医さんに相談しましょう。
しつけについて学んでおく

イタズラをする

外出から帰ってくると、部屋の中が荒らされていたり物が壊れていたりすることはありませんか?これは、ただ単に好奇心からイタズラをしたわけではなく、留守中の寂しさを紛らわせようとした行為である可能性が高いです。分離不安症が疑われるため、夢中になれるおもちゃを与えてみましょう。音が鳴るぬいぐるみなどを与えると、音を鳴らすことに夢中になって寂しさを紛らわすことができます。その他にも、リラックスできる音楽をかけることでさみしさを紛わらす環境が作れます。特に自分自身の想いを込めた音楽なら、ペットに癒しを与えることもできます。アニマルコミュニケーション講座を開講するMOCO MOONでは、オリジナルソングの制作も行っています。ペットとアニマルコミュニケーションをした後、飼い主さんの想いを歌詞にしてオリジナルソングに仕上げます。愛犬などのペットにオリジナルソングを贈りたいとお考えでしたらこちらのページをご覧ください。あなたの想いを形にできるのでおすすめです。
23977120458_b28804afee_b

初めて犬を迎える時に気をつけたいポイント!

アニマルコミュニケーターの講座を受講するならMOCO MOONへ

会社名 合同会社MOCO MOON
業務執行・代表社員 薦田由美子
住所(本社) 〒107-0061 東京都港区北青山3丁目5−14 7F
住所(MOCO MOONサロン) 〒259-0111 神奈川県中郡大磯町国府本郷317−1 パシフィック大磯102号室
設立 2018年5月22日
メールアドレス comoda@pet-is-happy.com
電話番号 080-5469-3028
URL